どうもショウです。

みなさんは自宅に練習場ほしいですか?もちろんほしいけどそんな場所はないですよね。。。

実はずっと都内に住んでましたが思い切って福岡の実家に引っ越しました。福岡と言うと都会のイメージを持たれる事が多いですが、東京にも田舎があるように福岡にも田舎はあります。

庭も広いし使ってない古民家的な部屋もあって自宅で練習できる環境が作れそう・・・ということで作ってみました。

古民家にインドア練習場を作ってみた

ガレージ的なものもありますが他の用途でも使うので、そこまで広くはないですが古民家に常設することにしました。

レトロな感じですね(笑)。ブログに載せるならもっといい感じにしたくなりますが、最初からお金かけ過ぎると後悔しそうなのでスモールスタートすることにしました(・∀・)

建物自体は僕の曾祖母世代のものなので多分築90年くらい(古い!)。数年間物置になっていたということで内装はだいぶ傷んでいますね。

ボールをぶつけてしまう可能性もあるのですでに傷んでるのは気分的に楽ではあります(笑)ただ柱や作り自体は結構しっかりしてます。

また古い家ですが天井が意外と高くてドライバーも振れました!ただマシュー・ウルフみたいにシャフト立ててバックスイングする人は確実に当たると思います(笑)

部屋の大きさは横2m90cm、奥行き3m80cm、高さ280cmです。

フレームとネット

調べるとスポーニアのネットの評判がかなり良くてこれならガレージに臨時の打席が作れそうですが入荷が9月ということで一旦諦めました(笑)。コロナで注文が殺到したんでしょうかね(;^ω^)

ゴルフネット 【安心の20年実績 Spornia】 自宅でドライバーやアプローチ練習に 初心者にも設置が簡単な練習器具 スポーニア

ということで別の方法として近所のホームセンターで矢崎化工のイレクターというものを購入しました。

YAZAKI イレクターパイプ 2000mm ブラック H-2000 AAS S BL

好きな長さのパイプとジョイントを組み合わせればいろんな形が作れます。

高さが2メートル、幅が1.5メールを2面用意してL字型で組んでいて角に筋交いを入れて強度をあげています。これでも手で押すとぐらつきますがゴルフボールを受ける程度であれば特に問題ありませんでした。ネットもホームセンターでこの大きさに合う2メートル x 3メートルのものを貼っています。

ただこのネット直接打つと跳ね返ってしまうので正面だけこちらのネットをつけています。

ライト(LITE) ゴルフ練習ネット 的 180×180 メッシュ M-78

若干安い帆布タイプのものもあるようですが音がうるさいようのなので少し高いですがメッシュタイプを購入しました。

マット

[ゴルフスイング練習マット]BIGドライビングマット100cm×150cm &ゴムティー付き

プロゴルフショップのパターマットはずっと使っていて質感などが気に入っていたのでマットも同メーカーのものを購入してみました。

数日打ってマットのすり減りが若干目立つのでレビューにもある通り耐久性はあまりないかもしれません。ただ練習場のほとんどのマットも真ん中あたりがすり減ってるのでこのマットに限った話ではないかもです。

リアルな質感や芝目の抵抗は感じられるので練習場のマットよりは実践に近い気がしているので今の所満足しています。

こちらは改めて使用感をレビューしたいと思います。

スカイトラックも購入

インドアではやっぱり弾道計測器がほしい・・・といことでスカイトラックを購入しました。

スカイトラック(Skytrak) スイング練習機 SKYTRAK スカイトラック 弾道測定機

トラックマンは高すぎるし、ミーボだと弾道がビジュアライズされないので左右のブレが分からいないし、、、ということで一番バランスのいいスカイトラックをチョイス。

価格帯的にFlightScope Mevo Plusが競合のようですが今年発売されたのもあって情報も少ないので安牌にスカイトラックにしました。

iPadがほしいところですが様子見でとりあえず手持ちのiPhoneにアプリをインストールして使ってます。

練習してみた

インパクトやバウンドする音が気になるかもしれませんが、戸建てで田舎すぎて隣の家まで数十メートル離れているので問題ないです。やっぱり田舎のほうがいろいろ楽(・∀・)

こちらは58度のフルショット。30、50、70ヤードと打ち分けてみましたが計測精度は問題なさそうです。飛距離設定もデフォルトで100%になっていました。

総額 ¥307,902

  • スカイトラック ¥275,013
  • ライト(LITE)ゴルフ練習ネット ¥10,011
  • ゴルフ練習マット ¥10,880
  • フレーム、緑のネット ¥11,998

スカイトラックが高すぎるのであれですが、それを除けば大体3万円ちょっとで作れますね。

最後に

毎日練習場に通うのは大変なのでどうしても練習頻度が下がってしまいます。自宅で練習できれば隙間時間で練習できるし移動時間もないので時間の節約にもなりますね。長い目でみればコスト的にも良いはずです。

練習場は練習場の良さがあるのでたまには行くと思いますが基本練習は自宅でやりたいと思います。

まだ出来たばかりで長く使っていくとまた気づくこともあると思いますので再度詳細なレビュー記事を書きたいと思います。

※ 言わずもがなですが参考にする場合は自己責任でお願いしますm(_ _)m